40歳を過ぎて気になりだしたほうれい線

子供に指摘されたほうれい線

40代前半となり、今まで気にしていなかったシワが目立つようになってきました。自分でも、子供と一緒に写った写真を見たときや、ショッピングセンターのトイレ内の鏡をみたときに、肌が老けてきたかもと感じていました。
そんなとき、8歳の娘に、「口の横にある線はなんなの?」と聞かれ、ドキッとしました。すぐに鏡を見て確かめたところ、今までは気にしていなかったのかまたは気にしないように避けていたのか、自分でもじっくり観察してこなかったのですが、くっきりと左の口の横にほうれい線が刻まれてしまっていました。

子供に指摘されたのをきっかけにマッサージに挑戦

このままでは右のほうれい線も出てきてしまって、さらに老けた顔になってしまうと思い、ネットでほうれい線に効くマッサージがないか調べてみることにしました。すると、けっこう色々なマッサージの説明や動画などが出てきて、自分に合いそうな、さらに長く続けられそうなものを見つけて何日が試してみることにしました。
1週間くらい、ほうれい線を薄くするためのマッサージを試してみたところ、若干ですがマッサージをする前よりほうれい線が薄くなったように感じています。
やらないよりはやったほうが多少ではあるかもしれないですが効果がありそうなので、これからも続けて、ほうれい線が薄くなればいいなと思っています。

潤いにも気を使う

乾燥気味になってきたのは私と同じ年頃の女性ならみんな同じかもしれませんね。私の場合、セラミドが少なくなっているのが原因だと思うので、コーセーの米肌を使ってみることにしました。

米肌を使ってみた感想を書いている(⇒https://mai-hada.com/)ので、チェックしてみてくれると嬉しいです。

米肌は通販でしか手に入らず、保湿系と美白系とアンチエイジング系の3種類のラインがありますので、自分に合うものをトライアルセットで試してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です