妊娠中は皮膚科のシミ取りクリームでケア

現在アラサーの二児の母です。

元々ソバカス肌で、大学を卒業したあたりからソバカスが濃くなり、シミが出来始めました。

あまりケアしていなかったのが祟ったのだとは思いますが、後悔先に立たず。慌ててドラッグストアへ駆け込みました。

シミソバカスといえば、ハイチオールCというイメージがあり、早速買って服用してみました。

しかし、やはり即効性はなく、効果は実感できませんでした。

他にも、美白化粧水や乳液など、少し高めのものに変えてみたりもしましたがあまり効果はありませんでした。

調べてみると、ビタミンCなどのシミソバカス用化粧品は、大体は予防のものとのこと。すでにできてしまったシミソバカスにそれほど大きな効果は期待できないのです。

私に残された手段は、レーザーで焼くしかない。と思い、美容皮膚科で顔全体のシミソバカスを焼きました。

強い痛みの後、数日経つとシミソバカスはかさぶたとなって剥がれ落ち、肌は綺麗になりました。

しかし妊娠・出産の影響からか、また気づけば顔にはシミソバカスが散らかっていました。

レーザーで焼こうにも、私は妊娠中のためレーザー治療を受けることができませんでした。

諦めかけていましたが、皮膚科の先生からシミ取りクリームを紹介してもらいました。

レーザー以外の治療は信用していませんでしたが、毎晩いつものスキンケアの後に塗り日焼けに気をつけていると、少しずつ薄くなってきました。

レーザーほど即効性はありませんが、妊娠中の私にとっては強い味方となりました。参考にしたサイト>>>>>シミ消しクリームランキングおすすめ人気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です