家庭用脱毛器で処理したら埋没毛が…

小学校の高学年ころから、カミソリで剃るという処理方法でムダ毛処理をしていました。腕は剃る頻度が少ないのでそうでもないのですが、スネは頻繁に剃っていたので、毛の断面が広くなって、毛がどんどん太くなってしまいました。
男の人のヒゲくらいの太さになってしまい、ちょと伸びただけでもチクチクしてしまいます。そこでカミソリで剃るのはやめて、家庭用の脱毛器で処理をするようになりました。
レーザー脱毛ではなくて、ローラー状になった部分が毛を絡め取って抜く方式のものなので、引っ張られて痛いのですが我慢できないほどではないです。毛が太くなることもないし、抜いた後は肌がすべすべで、次に生えてくるまでの時間も剃っていた時とは比べ物にならないくらい長く満足していました。
しかし、脱毛器での脱毛を初めて数か月くらいたってから、毛が肌の中で埋もれてしまう、いわゆる埋没毛状態の部分が散見されるようになりました。毛抜きで肌をひっかいて毛を外に出してから抜かなければなりません。
カミソリでの剃毛では毛が太くなってしまう。脱毛器で脱毛を繰り返すと埋没毛ができてしまう。そこで市販の脱毛クリームであるデリーモを使ってみました。
デリーモはスプレータイプで、「デリーモの口コミお得な脱毛クリームの効果」ではなかなか良いものだと判断できましたので買ってみました。
肌に塗ってしばらく置いてからティッシュでふき取り洗い流すものです。毛が柔らかくなって、除毛後の肌のトラブルもなく、毛が太くなることもなく埋没毛もなくなりました。今では欠かせない脱毛アイテムです。